お役立ち情報

USドル現金を用意する方法【金券ショップがお得】

SRRV申請時に必要となる申請費は1,400USドル(扶養者一人につき300ドル加算)。さらに年会費の前払い分が360USドル。

合わせて最低でも20万円弱のUSドル現金が必要になります。

申請に必要なUSドルの現金は、あらかじめ日本で両替してフィリピンに持ち込むのがお得で安全。ここではお得な両替方法について解説していきます。

正確にはフィリピンペソでも支払い可能ですが、最高額紙幣が1,000ペソ(約2千円)と少額なので、支払い時に膨大な札束が必要になります。

これを現地ATMで何回にも分けて引き出すのも大変だし、現実的にはドルで支払うのが一般的かと思います。

日本でUSドルの現金を調達

日本円からUSドルに両替できる場所

・空港

・市内の銀行

・外貨両替ショップ

質屋や金券ショップ

日本円からUSドルへの両替は、ご存知の通りどこでも可能です。

空港に行けば両替所なんて山ほどあるし、市内の銀行でも大きな支店なら外貨両替を扱っています。大きい駅の近くには、トラベレックスなど外貨両替専門のお店もありますよね。

上記のような場所でのレートはどこも似たようなもの。銀行や場所ごとに細かいレートの違いがあったりしますが、30万円両替したってその差はきっと千円以下。対した違いにはなりません。

だけど質屋や金券ショップを利用すれば話は別。普通の両替所よりもかなりお得なレートでUSドルが手に入ります。

レートを比べる

例えば2019年6月7日、日本円からUSドルに両替する場合のレートを比べてみます。

みずほ銀行 111.53
トラベレックス 111.26
大阪の金券ショップ 110.30

この圧倒的な違いがわかりますか?

外貨両替専門ショップのトラベレックスは、みずほ銀行より0.3円ほどお得なレート

だけど金券ショップならトラベレックスよりさらに1円もレートが安いんです

例えばこの日のレートで3,000ドルのUSドルを購入する場合、トラベレックスなら333,780円かかるところ、金券ショップなら330,900円で済むんです。

3千円の違いをどう見るかは人それぞれですが、美味しいランチ2~3回分が浮くと考えればけっこう大きいですよね。

金券ショップで両替するときの注意点

お得なレートで両替できる金券ショップですが、利用時にはちょっとした注意点もあります。

事前に電話で確認しておくこと

金券ショップは規模が小さい店がほとんど。そのためUSドル紙幣の在庫があるかどうか、事前に電話で確認しておく必要があります。

たとえ金額が十分でも、少額紙幣しかない場合は困ります。現地での支払いの手間を考えると、できればすべて100ドル紙幣で用意したいところ。

SRRV申請のために用意するドル現金は2,000ドル、3,000ドルというけっこうな大金なので、事前に電話でレートなども聞いておくと安心ですよね。

店構えがちょっと怪しい

私が両替に利用したのは、大阪駅前第3ビル内にある金券ショップ。

これは大阪だけなのかもしれませんが、金券ショップって若干アングラな雰囲気がありませんか?

受付のお姉さんはすごくケバいキャバ嬢風だし、店の飾りつけもゴテゴテして下品。銀行や外貨両替専門店のような安心感はありません。

日本のお店なので実際には怖いことはありませんが、不慣れな人だとびっくりしてしまう可能性があります。怖い場合はトラベレックスに行きましょう。

高額を両替する際にはきちんと紙幣の数を数えるのも大切。お店の人の前で慎重に数えましょう。

金券ショップもアリだと思います

普通の両替所に比べると若干面倒な金券ショップですが、圧倒的なレート差はやっぱり魅力が大きいですよね。

金券ショップが近くにある人はぜひ試してみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA