お役立ち情報

フィリピン滞在の超重要アプリ【Grab】の紹介

海外生活者にとって今は便利な時代です。昔は大変だったことが、技術の進歩でドンドン簡単になってきています。

今回紹介するのは配車アプリのGrab。フィリピンに渡航する人にぜひ使ってもらいたいアプリです。

Grabって何?

海外旅行をしたことがある人なら誰もが共感すると思いますが、タクシードライバーってどこの国でも最低な連中ばかりです。

空港に到着した何もしらない外国人観光客は彼らのカモ。

・メーターを使わずに後で法外な料金を請求
・人気のない場所に連れていって強盗
・チップ目当ての面倒なトーク
・道に迷って逆切れ

これらに嫌気が差している人は多いはず。Grabはそんなタクシードライバーから身を守ることができるアプリです。

Grabは簡単に言えば配車アプリ。フィリピンではプロのタクシードライバーではなく、一般の車を所有している人がGrabのドライバーとして活躍しています。

日本ではUberやGrabなどのアプリは「白タク行為にあたる」として禁止されていますよね。これはタクシー業界を守るため。

つまらない規制のせいでいつでも日本は技術後進国です。

普通のタクシーより安全

一般の人がドライバーなんて怖い

こう感じる人もいますよね。でもこれはシステムによって安全性が確保されています。

Grabのドライバーになれるのはきちんと身分証明書を提出した人だけ相互の評価システムがあるので、ドライバーのこれまでの実績が確認できます。

それに車両の位置は常にGPSによって追尾されていて、あらかじめ定められたルートを大きく外れるとシステム的に警報が出るそう。

これらの安全性を担保するシステムは、どれも従来のタクシーには無かったものです。

もちろんGrabだって100%安全というわけではありません。だけど確実に普通のタクシーよりは安全です

料金が乗車前にわかる

Grabの乗車料金は、乗車位置と目的地をアプリ上で入力した瞬間に決まります。

ここで決まった料金は固定制で、いくら渋滞していても遠回りしても変わることがありません。

ということは「外国人だから多めに請求」とか「遠回りして料金を加算」というような悪さが一切できません。ドライバーは粛々と最短ルートで運転することになるのです。

ドライバーが寡黙で良い人ばかり

これはフィリピンで何十回もGrabを利用して感じたこと。

Grabには評価システムがあるせいか、態度の悪いドライバーやチップ目当てのトークをしてくるドライバーはほとんど見かけません。

静かにただ運転してくれるので、本当にストレスが無く快適なんです。ドライバーの質は本当に普通のタクシーとは違います。

目的地説明の必要が無い

昔だったらタクシーに乗る前に、目的地の地図や住所をあらかじめ用意したりしていましたよね。巨大な5つ星ホテルならまだしも、小さいホテルのことなんて知らないタクシードライバーはたくさんいます。

口頭で説明しても誤解が生じていたり、ドライバーが地図を読めない人だったり。トラブルはとても多かったですよね。

だけどGrabならこの作業が一切不要。前述のように乗車位置と目的地は、利用者がアプリ上で指定して、その情報はドライバーのスマホに共有されます

ドライバーは自分のスマホに表示されるGrabのナビに従って運転するだけなので、自分が目的地を間違って入力しなければ、間違いなく正しい目的地にたどり着けるんです。

このためドライバーとは言葉のやりとりすら必要ありません。「ハロー」と言って乗り込んで、「センキュー」と言って降りるだけ。簡単ですよね。

Grabの使い方を解説

・Grabのアプリをインストール

・個人情報や電話番号を入力

・乗車手配

・支払

Grabのアプリをインストール

まずはグーグルプレイなどからGrabのアプリをインストール。もちろん無料で取得できます。

個人情報や電話番号を入力

乗車前には個人情報の登録が必要。

特にフィリピンでの携帯電話の番号が必要になるので、空港でSIMカードを購入して携帯番号を手に入れましょう。

SIMカードは空港の他、街のコンビニでも入手可能。コンビニで購入する場合はパスポートなどの提示は必要なく、たったの40ペソ(90円)で入手できます。

乗車手配

乗車の手配方法はとっても簡単。

まずは乗車位置を指定します。乗車位置は文字で入力して候補を探す他、地図上で指定することもできます。

目的地も同様です。文字入力で目的地を設定した場合でも、地図上の場所が正しいか確認してから配車を決定しましょう。後は車が来るのを待って乗り込むだけです。

配車した車はナンバーや車種、ボディの色がわかるほか、GPSで現在位置がリアルタイムで配信されます。これによって違う車に乗り込んでしまうというトラブルはまず起こりません。

フィリピンのGrabにはいろんなタイプがありますが、私はいつも料金固定のGrab Carを利用しています。Grab Taxiならもう少し安いのですが、料金が少し変動します。事前に金額がわからないとちょっと不便ですよね。

あとはGrabシェアというのもあります。これは相乗りの可能性があるということ。時間がかかりそうだし面倒なので私は使いません。

支払い

Grabドライバーへの支払い方法は複数あります。

私がいつも利用しているのは現金。これなら事前の登録も必要ないし、後で請求のチェックをする必要もありません。

あとはクレジットカードによる決済。これは事前にアプリ上で設定しておく必要があります。

日本のクレジットカードが使用できるかは未確認です。

Grab Payという電子決済も使用可能。長くフィリピンに滞在する場合は、使ってみてもいいかもしれませんね。

Grabはフィリピンの必須アプリ

マニラに住む外国人は、ほぼ必ずGrabを愛用しているはず。そのくらい便利な存在で、もうGrab無しでのフィリピン生活は考えられません。

フィリピンに渡航される際は、ぜひ一度試してみてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA